「2013年11月」の記事一覧

取引スタイル 1 デイトレード

デイトレードは、本屋さんで株やFXのコーナーにデイトレードを主体とした書籍が多く置いてあるぐらい、 取引スタイルとしては皆さんが一番耳にしている言葉だと思います。 実際一番多い取引スタイルだと思います。   デ・・・

注文方法 5 IFO注文

IFO注文とは先に紹介したIFD注文+OCO注文のことです。 IFO注文では、まず指値注文を入れてそれが成立すれば、利益確定と損切りを同時に設定できます。   例えば現在1ドル=100円50銭だとします。 もし・・・

注文方法 4 IFD注文

IFD注文とは、簡単に説明すると、最初に出した注文が成立したらその次はいくらで決済します という注文方法です。 つまり一度の注文で決済まで済ませてしまうのです。 例えば、1ドル=100円の時に101円まで上がると分析し、・・・

注文方法 3 OCO注文

トレードをする時には集中して画面に向かいますよね。 いい加減では勝てるわけはないのですが、画面から離れなくてはいけない場面も出てくると思います。 エントリーをし、利益確定と損切りの注文を同時に出せたら、 パソコンやスマホ・・・

注文方法 2 逆指値注文

FX取引をしていくうちに、相場が自分の思惑とは反対の方向に進むことがあります。 というか、かなりあることです。 そうなった時に損切りをします。   そんな時に役立つのが逆指値注文です。 逆指値注文とは、損失が出・・・

注文方法 1 成行注文・指値注文

FX取引をする時には必ず注文をしなければなりません。 しかし投機的な単純に注文といっても、各トレーダーにはそれぞれに思惑があります。 「今すぐ買いたい」「今はまだいいけどもう10銭下がったら買いたい」 「今持っているポジ・・・

各通貨の特徴について 6 カナダドル

カナダは石油埋蔵量が世界2位を誇っており、 豪ドル以外の資源国として認識されています。 商品(コモディティ)価格と強い相関があります。   FX取引においては、豪ドル・NZドルには及びませんが、 最近の原油高騰・・・

各通貨の特徴について 5 NZドル

ニュージーランドはオーストラリアと並び、貴金属・鉱物資源を豊富に有する資源国です。 隣国のオーストラリアが最大の貿易相手国で、為替相場の動きも豪ドルと連動することが多いです。 商品(コモディティ)価格と強い相関がりますが・・・

各通貨の特徴について 4 豪ドル

オーストラリアは様々な鉱物資源を有する世界屈指の資源国です。 また、オージービーフに代表される、牛肉や農産物といった一次産業輸出も強いです。 貿易相手国としては、中国、日本が輸出国として約半分を占めています。 &nbsp・・・

各通貨の特徴について 3 ポンド

17世紀に始まった産業革命から20世紀初頭まで繁栄していたのが英国です。 第2次世界大戦以前は、米ドルと並ぶ世界の基軸通貨でありました。 しかし、戦争以来は世界の中心が米国に移ったことと、ユーロの台頭によって ヨーロッパ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ