「ファンダメンタルズ分析」の記事一覧(2 / 3ページ)

貿易収支

貿易赤字で有名なのがアメリカです。 アメリカは貿易赤字と財政赤字のいわゆる「双子の赤字」を抱えています。   その額は膨大で、すぐに解消される額ではないので、 貿易収支の指標が発表されても為替にはあまり反映され・・・

失業率

失業率とは、その国でどれくらいの人数が失業状態にあり、 各国で定めた試合を%で表した経済指標です。   各国の失業率は、その国の景気や雇用を判断する材料として非常に注目されていますが、 最も注目されているのが、・・・

GDP

GDPとは平たく言えば、国内で生産されたモノやサービスなどの金額を合計したもののことです。 個人消費や設備投資などの内需と輸出に表される外需で構成されています。   特にGDPの伸び率(経済成長率)は、景気動向・・・

議事録

議事録で注目するものとして、FOMC議事録があります。   FOMCとはアメリカの連邦公開市場委員会のことです。   FOMCは、日本における日銀金融施策決定会合にあたり、 アメリカの金融政策を決定す・・・

政府介入 2

下のチャートは米ドル円の2011年の4時間足チャートです。     一気に4円近くも上昇しています。 スゴイですよね。 この時は、日本の円売り単独介入でした。   ここで重要なのは、介入の情・・・

政府介入 1

政府介入とは、政府が作為的に為替相場を動かすように参入することです。   政府介入をする目的は、現在の為替の関係性が国の経済において、 都合が悪い相場の時に、その現状を打破すべく取る手段です。   政・・・

政治から見た為替 2

アメリカは、政権の方針について、大統領就任後100日間は意見を言えないことになっています。   ただし、100日後にはいろんな意見が出てくるので、 大きな流れについて、政治的に円安に動くのか円高に動くのかという・・・

政治から見た為替 1

為替は経済に非常に深く関係しています。 ここでは、政治から見た為替についてお話します。   基本的には為替というのは、ワシントンに視点をおいて考えます。   日本にいると、どうしても円を中心に考えてし・・・

景気循環と為替 2

前回の例ですが、つたない図ですが入れておきます。     ただし、上図のような流れが常にあるわけではありません。 このような流れができれば、国の景気は常に良くなり続ける可能性がありますが、 それにとも・・・

景気循環と為替 1

基本的に景気が良いというのは、お金の流れが良いことを言います。 要するに、消費者が買物をするかどうかです。   消費者が買物をするためには、所得が増えなければいけません。 所得を増やすためには、勤めている企業や・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ