「マクロモデル」の記事一覧

国際収支理論 2

資金の流れに加えて、各国間には資金の流れもあります。   これを資本フローといいます。   資本フローは企業、株式、債権、銀行口座、不動産、工場の全体もしくは一部に関する支払いなど、 国を出入りする投・・・

国際収支理論 1

国際収支論は、為替レートは経常収支が安定する均衡水準にならなければならないとされいます。   この国際収支理論は、多くのエコノミストが重要な理論として考えられています。   国際収支は、経常収支と資本・・・

金利差モデル

エコノミストがマクロモデルで最も重要視しているものの一つとして、金利差モデルがあります。   金利差モデルとは、為替レートは国の金利水準によって設定されるという理論です。   金利が高い国の通貨は上昇・・・

購買力平価理論

エコノミストが重要視する経済理論の一つが購買力平価理論です。   購買力平価説とは、外貨為替レートは自国通貨と外貨通貨の購買力の比率により決まると考える理論です。   物やサービスの価格は、通貨の購買・・・

マクロモデルの使い方

マクロモデルとは、マクロ経済学において理論的な枠組みを使って、 一国の経済全体をの現象を説明します。   簡単に言うと、数字だけ見て経済学的に分析した手法です。 そのため、実際に相場で起きている事柄に対しては考・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ