「テクニカル分析」の記事一覧(2 / 3ページ)

ダウ理論 3

3. 1つのトレンドには3つの局面がある   長期のトレンドを形成するには3段階を踏んでいるという指摘があります。   第1段階は、事情通と呼ばれる先行型の投資家による売買が中心となり、 いわゆる「仕・・・

ダウ理論 2

2. トレンドには3種類ある   ダウの定義によれば、為替変動は連続する高値・安値が、 それぞれ前の高値・安値より上に位置する限り上昇トレンドが存在します。   すなわち、上昇トレンドとは、山と谷の形・・・

ダウ理論 1

ダウ理論とは、チャールズ・ダウが考案した現在のテクニカル分析の原点とも言える理論です。   「日経平均株価」や「ニューヨーク・ダウ平均」といった、 今では日常生活にも馴染みの深いのも、この理論に基づいています。・・・

フィボナッチリトレースメント

相場は前の動きに対してある一定の比率で押し(戻し)の動きを示します。   例えば、上から下に落としたボールは、地面についたと同時にバウンドします。 このバウンドの高さというのは、どのくらいの高さから落としたのか・・・

一目均衡表

一目均衡表は、相場の動向を一目で分かりやすく示したものです。   ローソク足は値動きを追うもの、移動平均線は相場のトレンドを読むものというように、 多くのテクニカル分析はその分析の範囲が限定されています。 &n・・・

MACD

MACDとは、期間の異なる2本の移動平均線のギャップの伸縮に注目し、 その動きによってトレンドの方向性及び転換の兆候を把握しようというものです。   MACDは視覚的にわかりやすい上に、適用範囲が広く、致命的な・・・

RSI

RSIとは日本語で相対力指数と言います。   現時点で、売りと買いのバランスが相対的にどうなっているかを示す指標です。   一般的に70%以上だと買われすぎと判断するので売りのタイミング、 逆に30%・・・

ストキャスティクス

ストキャスティクスは、その時の終値があ一定期間の最安値からみて、 どの程度の位置にあるかで、買われすぎ、売られすぎを見るテクニカルです。   相場の行き過ぎを見るので、逆張りに非常に有効になります。 &nbsp・・・

エンベロープ

エンベロープは、移動平均線を一定の割合で上下に乖離させたテクニカル分析です。   あまり、他のトレーダーは使わないテクニカル分析かも知れませんが、 私はよく使うので詳しく取り上げたいと思います。   ・・・

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは統計学・標準偏差(データのばらつきの大きさを示すもの)を 用いた分析です。   表示した線内にレートが存在する確率を基に売買を行います。 順張り・逆張りの両方に使用することが出来るため、 活・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ