各通貨の特徴について 1 米ドル



米ドルは知っている通り、アメリカの通貨です。

アメリカはGCP、経済力、軍事力、いずれも世界一を誇っています。

世界で最も影響を与える国です。

 

米ドルはアメリカの通貨だけではなく、基軸通貨として確固たるたる価値を確立しています。

そのため、世界で最も流通している通貨になっています。

世界各国の中央銀行も、対外用にドルを準備しています。

このため米ドルに関する問題は、世界経済に与えるインパクトが大きく、

アメリカの政策金利や経済指標、さらに外交ニュースや主要企業の業績までも、

為替市場を動かす要因となります。

米ドルの動きについてチェックすべき最も大事な経済指標が、雇用統計です。

特に失業率や非農業部門雇用者数は、金融政策の決定材料として、

常に市場の関心が集まっています。

その他にもGCPや小売売上高、消費者信頼感指数なども注目されます。

近年ではサブプライムローンの問題の発生によって、

住宅関連指数にも関心が集まっていました。

 

また、政府の方向性を見極めるための要人発言も見逃せません。

大統領やFRB議長の発言には世界中の注目が集まります。

要人が利上げ示唆や米国経済に強気な発言をすれば、ドル買いの方向に進みます。

逆に利下げ示唆、米国経済について弱気な見方を示すと、ドルが売られる傾向があります。

 

金価格、原油価格と逆の相関があります。

 

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ