FXと外貨預金の違い 2 取引時間



株式との違いでも書きましたが、取引時間も異なります。

外貨預金の場合、銀行が開いている9時~15時のあいだでしか取引できません。

仕事を終えて、家に帰ってからゆっくりと相場を見て、ニュースを見て、

とはいきません。

しかし、FXは24時間いつでも取引が可能な商品です

それは外為市場は銀行間で行われる取引を指しているからです。

 

よく、ニュースでは「今日の外国為替市場の・・・・」という

為替相場の値動きが報じられます。

為替市場は、株式のように特定の場所に施設がありません。

極端に言ってしまうと、外為市場は銀行間で行われる取引を指します。

この取引は特に時間も決まっていません。

為替システムを画面上で取引しています。

 

また、銀行間ネットワークは世界中の銀行が1つのネットワークを形成しています。

日本の銀行は日本の銀行だけと取引するのではなく、

ネットワークの中で、アメリカの銀行やヨーロッパの銀行などとも

当たり前に取引しています。

 trade timezone

 

 

 

東京の昼間にあたる時間帯は、東京を中心とするアジアの銀行が主体です。

午後にはロンドンを始めとするヨーロッパ勢が参加、

ヨーロッパの午後の時間帯、日本の夜からはアメリカのニューヨーク時間帯が

参加し始めます。

そしてニューヨーク時間の午後、日本にj間の明け方からは

オーストラリアやニュージーランドといったオセアニア勢が参加してきます。

つまり、24時間どの時間帯にも外国為替取引の主要参加者がいる形になります。

まさに24時間眠らないネットワークが出来上がっているのです。

 

特に日本時間の午後6時~12時までは、

残業中の日本、取引時間真っ最中のヨーロッパ、朝の早いアメリカ、

の3極が集中するので、値動きも活発です。

まさに普通のビジネスマンが参入しやすい時間帯なのです

ちなみに土日は休みですが、イスラム国のバーレーン市場では金曜が休みのため、

土日も動いています。

日本人に適した環境でトレードができるというのがFXの利点です。

 

次回はレバレッジについて書きたいと思います。

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ