住宅関連指数



住宅関連指数とは、不動産(特に住宅)に関する指標の総称を指します。

住宅関連指数には、販売指数・着工件数・建設許可件数などがあります。

 

以前は、住宅関連指数はあまり注目されない指標でした。

しかし、2007年に起きたサブプライムローン問題をきっかけに注目されるようになりました。

指標が良い発表があればドルが買われ、逆に悪い発表があれば、ドルが売られるようになりました。

 

最近はサブプライム問題やリーマン・ショック時代ほどの影響は無いですが、

それなりに重要だとは思っていていいと思います。

 

○中古住宅販売件数

中古住宅のうち、所有権の移転が完了したものを指します。

また、季節や天候の影響を受けやすく、予想と違った結果も出やすい傾向があります。

金融施策変更時には重要視されます。

 

○住宅着工件数/建設許可件数

実際に建設が開始された、新設住宅戸数地域・一戸建て・集合住宅別と地域別に発表されます。

金利政策にも影響を及ぼします。

同時に建設許可件数も発表されます。

これは住宅着工前に申請が必要な地域の件数です。

殆どの確率で着工されるため、先行指標にもなります。

 

○新築住宅販売

販売された新築住宅件数です。

先行指標としても重要で、特に金融施策変更時には重要視されます。

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ