失業率



失業率とは、その国でどれくらいの人数が失業状態にあり、

各国で定めた試合を%で表した経済指標です。

 

各国の失業率は、その国の景気や雇用を判断する材料として非常に注目されていますが、

最も注目されているのが、世界の景気を左右しているアメリカの失業率です。

 

アメリカの失業率は、非農業部門雇用者数と共にアメリカ経済の状況を表す指標です。

また、両指標とも同じ毎月第一金曜日に発表されることから、

この2つの指標を総じて「雇用統計」とも呼びます。

 

失業率はアメリカの経済指標の中で最も注目される指標の一つです。

 

この雇用統計が相場にどう影響するのかというと、

失業率が増えるといういことは雇用者数が減っていることになります。

それは、個人一人あたりの消費が減っていることになります。

個人一人の消費が減れば、お金の流通が悪くなるため景気が悪くなります。

つまり、失業率が増えるとドル安要因となり、逆に失業率が減るとドル高要因となります。

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ