政府介入 1



政府介入とは、政府が作為的に為替相場を動かすように参入することです。

 

政府介入をする目的は、現在の為替の関係性が国の経済において、

都合が悪い相場の時に、その現状を打破すべく取る手段です。

 

政府介入には単独介入と協調介入の2種類があります。

 

単独介入とは、通貨ペアの1国のみが単独で行う介入です。

協調介入とは、両国の合意の上、同時に行う介入です。

 

為替は2つの通貨の強弱によって、相場が決定しますので、

当然協調介入の方がより高い効果を生みます。

 

また、日本の場合ですと、介入については日銀が行うのではなく、

財務省の為替局という部署が責任をもって執り行います。

介入が決定すると、財務省から日銀や一般市中銀行に為替の購入の依頼が入ります。

その依頼によって、為替を意図的に変動させます。

 

次回はチャートを交えて政府介入について説明します。

 

 あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ