ポジショントークはいけないのか?



ポジショントークとは、自分のポジションに有利な見通しを語ることです。

典型的な負けトレーダーは、ほぼこのポジショントークをします。

 

実はこのポジショントークは、ある条件を満たすと急に始まります。

 

それがなんだかわかるでしょうか?

 

それは、損切りができなくなった時です。

 

特に短期でトレードしている人が、これをやりだすと要注意です。

損をしだすと、長期投資家へと変貌します。

自己否定が嫌で、損切ってポジションを手放すのを、後に後に先延ばしにしてしまうようになります。

 

ちなみに長期が悪いということではありません。

短期と混ぜこぜにするなということです。

 

利益を出すことが目的ではなく、自説を証明することが目的になってしまっているんですね。

 

勝ち組はトレーダーは、見解がコロコロ変わります。

節操が無いぐらい変わります。

 

そうやって損切りを実行して、次のトレードに備えているということなんですね。

「臨機応変」というのは、トレードのためにある言葉ではないかとさえ思ってしまいます。

 

自分がブツブツポジショントークをしだしたら、危険信号だと思ってくださいね。

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ