ナンピンについて



ナンピンとは値下がりした時に買い増す・値上がりした時に売り増す、

といった行動で平均単価を下げ・上げすることを言います。

 

例を挙げると、円安方向に動くと予想して1ドル=100円で1万通貨の買いを入れた後、

予想に反して円高局面に動き、

1ドル=99円で再度1万通貨で買いを入れました。

すると、実際には2万通貨あることになりますが、

1ドル=100円の時に買ったものと99円時に買ったものがあるため、この2万通貨は

(100円+99円)÷2=99円50銭

つまり、1ドル=99円50銭時に2万通貨分買ったことと同じ意味になります。

そうすれば、1ドル=99円50銭以上になれば利益が出ることになります。

 

nanpin

 

ただ、ナンピンは計画なくして行うと非常に危険です。

ナンピンをして相場が反転するかどうかは誰にもわかりません。

反転しなければ損失ポジションが増えるだけでです。

 

つまり、評価損が膨らむ一方なので、下手をすればマージンコールや自動ロスカットの対象になりかねません。

コツを掴めば非常に有効な手段であると同時に、一歩間違えると大きな損失を被りかねない、

諸刃の剣みたいな手法です。

 

消費者感覚の、お買い得感覚で行うと損失が増えるのは必至ですので、

初心者はやらないに越したことはないと思います。

 

ちなみにナンピンは、難を平らげるというところからナンピン(難平)と言われているそうです。

そう平らげるとはなかなかいきませんが・・・・。

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ