両建てについて



両建てとは、同一通貨で買い注文と売り注文の両方のポジションを持つことです。

FXは決済期限がないため、どれだけ持っていても証拠金不足にならない限り、

ポジションを持つことが出来ます。

主な使い方は評価損を抑えるために使います。

 

 

1ドル=100円で買い注文、1ドル=99円で売り注文の両方を持つ

↓↓↓

1ドル98円になった場合

買いポジ)100円-98円=2円分の損失

売りポジ)99円-98円=1円分の利益

よって、1円の損失

1ドル101円になった場合

買いポジ)101円-100円=1円分の利益

売りポジ)101円-99円=2円分の損失

よって1円の損失

 

 

評価損を抑える事ができれば、マージンコールや自動ロスカットに合う心配がありません。

一時的に評価損が止まれば、今後の分析と対策を考えることが出来ます。

しかし、あくまで一時的であって、評価損が相殺されたわけではありません。

評価損が膨らまなかっただけであり、損失はそのまま残っています。

 

また、同一通貨に対して売りと買いの両ポジションを持っているため、

両方の証拠金が必要になり、資産負担は2倍になります。

 

FX業者では、両建てが可能な会社とそうでない会社があるので、業者選びも注意しましょう。

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ