注文方法 2 逆指値注文



FX取引をしていくうちに、相場が自分の思惑とは反対の方向に進むことがあります。

というか、かなりあることです。

そうなった時に損切りをします。

 

そんな時に役立つのが逆指値注文です。

逆指値注文とは、損失が出た時に、「ここまで損失が出たら諦めて損切りしよう」

という価格をあらかじめ設定しておく方法です。

 

例えば、1ドル=100円の時にドルが上がると思って買い注文を入れたとします。

しかし、上がると思っていたドルが下がり始めて1ドル=99円50銭となりました。

そこで、「1ドル=99円までは我慢しよう」ということで、逆指値注文を入れておきます。

すると、そのまま下落し続けても1ドル=99円になった同時に決済され、

それ以上の損失を未然に防ぐことができるのです。

99円にたどり着く前に上がり始めたら、逆指値注文を受けることがないので、

そのまま利益を生むチャンスを得たことになります。

 

FX取引において重要なのは、利益をどうやって増やすのかということと、

損失をどれだけ最小限に抑えることかが重要です。

損失を最小限に抑えることができれば、すぐに態勢を立て直して次の売買に備えることが出来ます。

 

また、逆指値注文は利益確定にも役立ちます。

例えば、1ドル=100円の時に買い注文を入れました。

その後は思惑通りに上昇し、1ドル=101円まで上がりました。

しかし、為替相場はいつどうなるかわからないので、利益確定のため100円50銭で逆指値を入れておきます。

こうすることによって、その後急落しても1ドル=100円50銭になったち同時に決済され、

50銭分の利益が確定されます。

そのまま上昇すれば、上昇のタイミングに合わせて逆指値の価格をつり上げていけば、

利益幅が増えていきます。

 

逆指値注文のメリット:自分の思い通りの価格で注文できる

逆指値注文のデメリット:約定するまでに時間がかかる

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ