注文方法 4 IFD注文



IFD注文とは、簡単に説明すると、最初に出した注文が成立したらその次はいくらで決済します

という注文方法です。

つまり一度の注文で決済まで済ませてしまうのです。

例えば、1ドル=100円の時に101円まで上がると分析し、99円になったらドルを買います。

それと同時に101円になったら決済して利益を確定します。

いわゆる、指値注文➾指値注文での利益確定パターンです。

 IFD

また、いつも相場が思い通りに動かない、そんな時にもIFD注文は役立ちます。

上記の例で、101円の利益確定ではなくて、98円の時に損切りを確定するというやり方です。

つまり、指値注文➾逆指値注文での損切りパターンです。

 IFD2

ここで注意しなければならないのは、IFD注文は、1つの注文に対して1つの決済注文しか出せないことです。

つまり、利益確定パターンと損切りパターンのどちらかでIFD注文を出すか迫られます。

ここが使いにくいところですが、損切りパターンの方がリスクコントロールできるので、

そちらのほうが安心してトレードできます。

最初は損切りパターンで注文を出しておき、思惑通りに動いてきたら利益確定するやり方が良いかと思います。

 

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ