エリオット波動理論 1



エリオット波動理論とは、人間の感情の起伏には一定のリズムがあり、

人間の感情を映すマーケットの動きには、予測可能な波動パターンがあるというものです。

 

エリオット波動理論の目的は、1波・2波・3波やA波・B波・C波などから、

トレンドで、どのくらい値が上下するかを推定することです。

 

エリオット波動理論は、上昇トレンドにおいて、上波5波、下降3波が基本の形となっています。

Elliott

上昇5波は、3つの推進派と2つの調整波からなり、

下降3波は、2つの推進派と1つの調整波からなっています。

 

推進波とは、大きな波と同じ方向に動く波動で、調整波とは大きな波と逆の方向に動く波動のことです。

 

さらに1つの波動においても細分化することができ、

第1波・第3波・第5波・A波・C波は5波動に、

第2波・第4波・B波は3波動に分かれます。

 

第1波の波動が1~5に分かれたとすると、1・3・5は5波動に

2・4は3波動にそれぞれさらに細分化することができます。

 

このように、エリオット波動理論による波の数は、

元の形で上昇5の下降3で計8、

細分化すると上昇21、下降13の合計34となります。

 

この3・5・8と13・21・34はフィボナッチ数列になります。

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ