トレンドライン 3



天井がある程度分かれば、それ以上為替が上昇するのは難しいため、

下降に転じるだろうと予想ができ、

売りを意識した見方が可能になります。

 

反対にがある程度分かれば、ここから徐々に為替が上昇するだろうと予想ができ、

買いのタイミングを待ちます。

 

しかし、上昇基調にある時、短期的には下降してもすぐに上昇する場合があります。

 

上昇基調の中の短期的な下降を「押し目」といい、

その押し目を狙って買いポジションを持つことを「押し目買い」と言います。

 

逆に下降基調にある時、短期的に上昇してすぐに下降する状態を「戻り」と言い、

戻りを狙って売りポジションを持つことを、「戻り売り」と言います。

 

osime modori

しかし、下がったところが押し目か、

あるいは上がったところが戻りかどうかを見分けるのは難しいので、

少なくともチャートに慣れるまでは、

上昇基調・下降基調であることを確認した後に注文を出すのが無難です。

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ