ローソク足 1 長い実体の発生



ローソク足とは言わずと知れたテクニカル分析の基礎中の基礎です。

日本人が開発したテクニカルで、欧米では使用してないトレーダーも結構います。

ローソク足は値動きを正確に表し、相場の強弱を推し量るのに非常に優れたて表記法です。

 

始値から終値に向かって値段が1本調子で上がり(下がり)、しかも始値と終値の値幅が広いと、

長い陽線(陰線)を形成します。

 

これは、買い上げよう(売り下げよう)とする市場エネルギーを非常に強く感じるところですが、

この長い陽線(陰線)が出る前の値動きによって今後の予測が変わってきます。

 

まず、為替が横ばいの状態で出来た長い陽線(陰線)と、

為替がどんどん下がっていった(上がっていった)時に出た長い陽線(陰線)

の場合は、素直に買い(売り)のサインとみなします。

 

 

ro-sokuasi1

 

これは、今まで流れが抑えこまれていたり、本来の動きとは逆の流れをしていた際に、

その反発で大幅な値動きになります。

 

また、為替が右肩上がり(下がり)で上がっていた(下がっていった)時に出た長い陽線(陰線)の場合は、

売り(買い)のサインとなります。

 

ro-sokuasi2

 

これは、今まで上がってきた(下がってきた)流れが変わろうとしている時に、

上がってきた(下がってきた)勢いを全て出しきった状態と捉えます。

その後は上がる(下がる)勢いがなくなるために徐々に下落(上昇)すると推測されます。

 

 

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ