ローソク足 2 ヒゲの発生



ヒゲとはローソク足の上下に出ている細い線のことです。

 

為替の動きで陽線が続き、上昇が続いている時に、上ヒゲのついた陽線が出た場合には

上にがあることを予感させます。

 

壁があると、為替はこの壁を壊すだけの勢いがなければ、逆の流れに切り替わることが多いのです。

つまり、上ヒゲが発生したことは、このまま上昇したいけれど、壁にあたって反発した、

と読み取ることが出来るのです。

 

逆に為替の動きで陰線が続き、下落が続いている時に、下ヒゲのついた陰線が出た場合には

下にがあることを予感させます。

この壁は上ヒゲと同様に、為替が壁を打ち破るだけの勢いがなければ流れが逆転します。

 

hige1

 

hige2

 

 

ところで、壁の厚さなのですが、ヒゲの長さによって厚さを見極めます。

壁が薄ければ反発も小さいので、ヒゲの長さが短くなります。

しかし、壁が厚いと反発も大きいのでヒゲが長くなります。

 

とにかく、長いヒゲが出た時は、反転のサインとなることが多いということです。

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ