移動平均線 2 2本の移動平均線による分析



2本の移動平均の分析法とは、

期間が短く動きの早い移動平均線と、期間が長く動きの遅い移動平均線によって、

2本が描くラインによって分析する方法です。

 

2本の移動平均線が交差するポイントによって売買サインを示し、

2本の動きによってトレンドのベクトルを示します。

 

一般的には短期は25日期間あたり、長期は75期間あたりを使うことが多いですが、

スキャルピングなどの短期の場合は、5期間・20期間あたりで分析している方もいます。

 

短期移動平均線>長期移動平均線の交差ポイントをゴールデンクロスといい、

これが発生したら買いサインと言われています。

 

逆に短期移動平均線<長期移動平均線の交差ポイントをデッドクロスといい、

これが発生したら売りのサインとされています。

 

ma2

 

ダマシもあるのですが、テクニカルの基本として、知っておくべき分析法です。

テクニカル分析をメインとしているトレーダーは、

移動平均線を使わない人はあまりいないのではというほどよく使われます。

 

 

 

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ