ボリンジャーバンド



ボリンジャーバンドは統計学・標準偏差(データのばらつきの大きさを示すもの)を

用いた分析です。

 

表示した線内にレートが存在する確率を基に売買を行います。

順張り・逆張りの両方に使用することが出来るため、

活用している人は非常に多く、奥が深いテクニカルです。

 

bollinger

 

 

表示される線は、真ん中の移動平均線を中心に、±1θ、±2θ、±3θと呼ばれます。

(図では、θ±1と書いていますが、間違いです。すみません。)

 

理論上では、平均値±1θに収まる確率は68.26%

平均値±2θに収まる確率は95.44%

平均値±3θに収まる確率は99.73%と言われています。

 

これだけを考えると、例えば+3θ~-3θの外に存在する確率は0.27%しかないため、

逆張りのサインとして使うことが出来ますが、

狭いレンジで動いた後にバンドが広がった場合は、

トレンド転換とみなして順張りのサインとして使うことがあります。

 

このように局面で180度違う使い方をするのが難しいところでもありますが、

バンドの縮小・拡大などを見ながら、

現在の相場状態を把握できるテクニカルだと言えます。

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ