フィボナッチリトレースメント



相場は前の動きに対してある一定の比率で押し(戻し)の動きを示します。

 

例えば、上から下に落としたボールは、地面についたと同時にバウンドします。

このバウンドの高さというのは、どのくらいの高さから落としたのか、

どんな種類のボールを落としたのかによって変わります。

 

為替相場も同時に、ずっと売られ続けた通貨が、

かすかな抵抗のように買われているチャートを描くことが多々あります。

 

フィボナッチリトレースメントは、この押し(戻し)を産出して予測する分析法です。

高値、安値から38.2%、50%、61.8%の数値が重要なラインとなります。

 

Fibonacci

 

 

簡単にいえば、下降トレンドの場合、どこまで買い戻しがあるかわかれば、

売りでエントリーするポイントが確定できるというわけです。

 

38.2%、50%、61.8%という数字の違いは、トレンドの強さによって異なります。

 

強いトレンドの場合は38%前後の戻し、弱いトレンドの場合は62%前後の戻しまで見ます。

また、62%以上の場合はトレンドが変わったとみなします。

 

このフィボナッチリトレースメントを使えば、

現在のトレンドから相場が反転するタイミングなどが把握することが出来て、

どこからどこの間で自分がトレードすれば利益がでるのか、という計画が立てられます。

 

 

 

 あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

 


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ