RSI



RSIとは日本語で相対力指数と言います。

 

現時点で、売りと買いのバランスが相対的にどうなっているかを示す指標です。

 

一般的に70%以上だと買われすぎと判断するので売りのタイミング、

逆に30%以下の場合は売られすぎと判断するので買いのタイミング、というものです。

 

RSI

 

上図の囲み部分はうまく反転しています。

ただし、レンジ相場では威力を発揮するものの、

トレンド相場では役に立たないことも多いので、注意が必要です。

 

また、相場の転換点を予告する合図として、ダイバージェンスというのがあります。

これは、ローソク足とRSIの方向性が逆向きになることを言います。

RSIにもトレンドラインを引いて、活用します。

 

RSI2

 

上図のように、ローソク足のトレンドがそろそろ転換するシグナルになります。

 

長期間、上昇や下降のトレンドが続いた後に、

そこから大きくトレンド転換する場合には、ダイバージェンスが早く現れます。

 

相場の天井圏や、底値圏を示す強いシグナルですので、大きなチャンスとなります。

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ