ストキャスティクス



ストキャスティクスは、その時の終値があ一定期間の最安値からみて、

どの程度の位置にあるかで、買われすぎ、売られすぎを見るテクニカルです。

 

相場の行き過ぎを見るので、逆張りに非常に有効になります。

 

ややこしい説明はしないで、単純に説明します。

ストキャスティクスには3つあります。

%K=短期線 %D=中期線 %SD=長期線

この分け方でいいと思います。

 

3種類とも、基本的には70~80%以上が買われすぎ、20~30%が売られすぎ

と言われています。

 

このストキャスティクスを好んで使う人は、単独ではなく、2本を組み合わせて使うことで売買を判断します。

 

買いゾーン(30%以下)で%Kが%Dを下から上に抜けたら買い

売りゾーン(70%以上)で%Kが%Dを上から下に抜けたら売り

これをファストストキャスティクス呼ばれます。

 

ただし、%Kと%Dの比較だと乱高下が激しく、ダマシが多いので、

 

買いゾーン(30%以下)で%Dが%SDを下から上に抜けたら買い

売りゾーン(70%以上)で%Dが%SDを上から下に抜けたら売り

スローストキャスティクスと呼ばれるこちらを使うことが多いです。

 

stochas

 

 

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ