取引スタイル 3 スキャルピング



スキャルピングとは、僅かな利幅を狙って短時間で売買を繰り返す方法です

常にチャートの前にいて、目先の動きを追いかけて売買します。

利益幅は数銭程度で、数秒から数分の間にエントリーと決済をしてしまいます。

 

ポジションを保持する時間が非常に短いので、急な暴落・暴騰のリスクを回避でき、

気がついたらマイナスになっていたということは回避できると思います。

むしろ相場が荒れている場面では、振り幅が大きいため短時間で大きく利益を上げることもできます。

また、1日に数回~数十回のエントリーするので、資金効率は大きいので短期間で資金が増えます。

 

ただスキャルピングには重要な注意点が何点かあります

 

まずは通貨ペア選びです。

スプレッドが2銭だとすると、2銭以上の為替変動がないと利益は出ません。

通貨ペアによってスプレッドが異なりますので、スプレッドが狭い通貨で取引することをオススメします。

 

そして、最も重要なのは利益確定・損切りをこまめに行わなければならないことです。

「これだけ利益が取れたら確定する」「ここまで損が膨らんだら損切りする」

とルールを徹底しないと、損失を膨らませかねません。

そういう意味では、初心者には難しい手法かと思います。

 

スキャルピングのメリット

取引時間が短いため何度も取引ができ資金効率が良い

暴落暴騰のリスクが避けられる

暴落暴騰時の一瞬を狙って利益が取れる

スキャルピングのデメリット

短期間の勝負なのでかなりの集中力がいる

一回の利益が少ない

損切りルールを徹底しないとズルズルと損失を膨らませてしまう

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ