裁量トレードとシステムトレード



トレードの種類には、裁量トレードとシステムトレードの2種類があります。

 

●裁量トレード

指標やテクニカルや値動きのパターン、ローソク足の形などの情報に対して、

トレーダー自身が独自の解釈や経験に基づいて売買を行う方法です。

 

□メリット

・トレーダー個人の相場観・経験に照らし合わせて、直観的なトレードを臨機応変に行うことが可能。

・相場の急変にも柔軟な対応ができる。

□デメリット

・感情面をコントロールする自制心の鍛錬と、より多くのそれなりのトレード経験が必要。

 

●システムトレード

裁量を一切排除し、一定の売買ルールに従って取引を行う方法です。

投資判断をトレーダー個人の経験や勘といった裁量的なものではなく、

過去の検証が可能な数値や指標などの組み合わせで作成したルールで、

一貫した取引を行う方法です。

 

□メリット

・客観的なルールに基づいて、恐怖や欲といったトレードの妨げになる感情を排除することができる。

□デメリット

・相場の急変に対応することが困難。

・過去の検証での利益が将来も出せるとは限らない。

 

どちらもメリット・デメリットはあります。

プロの方でも、裁量のみ、システムトレードのみの片方派や、

両方を取り入れてトレードしている方もいます。

どちらか正解ということはないので、自分にあったトレード法を見つけることが大事だと思います。

 

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

にほんブログ村



FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

BLbBSE_6oY6PbIN1470223661_1470223796

Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ