「2014年2月」の記事一覧

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは統計学・標準偏差(データのばらつきの大きさを示すもの)を 用いた分析です。   表示した線内にレートが存在する確率を基に売買を行います。 順張り・逆張りの両方に使用することが出来るため、 活・・・

移動平均線 3 3本の移動平均線による分析

2本の移動平均線の分析は、ポピュラーな分析法ですが、 3本の分析法をしている方も多いです。   短期・中期・長期の3本の移動平均線によって、為替のトレンドを見極めることが出来ます。 上昇トレンドの場合、上から短・・・

移動平均線 2 2本の移動平均線による分析

2本の移動平均の分析法とは、 期間が短く動きの早い移動平均線と、期間が長く動きの遅い移動平均線によって、 2本が描くラインによって分析する方法です。   2本の移動平均線が交差するポイントによって売買サインを示・・・

移動平均線 1 移動平均線概要

移動平均線はテクニカル分析の中で、最もポピュラーに使われているものの一つです。   例えば、5日移動平均と言えば、5日間の終値を足して5で割ればいいのです。 (1日終値+2日終値+3日終値+4日終値+5日終値)・・・

ローソク足 3 連続の転換パターン

ローソク足は1本でもいろんな情報を読み取ることが出来ますが、 連続して並ぶことによって、為替の流れを把握することもできます。 上昇→下落の売りサインと下落→上昇の買いサインの2パターンだけ説明します。   【上・・・

ローソク足 2 ヒゲの発生

ヒゲとはローソク足の上下に出ている細い線のことです。   為替の動きで陽線が続き、上昇が続いている時に、上ヒゲのついた陽線が出た場合には 上に壁があることを予感させます。   壁があると、為替はこの壁・・・

ローソク足 1 長い実体の発生

ローソク足とは言わずと知れたテクニカル分析の基礎中の基礎です。 日本人が開発したテクニカルで、欧米では使用してないトレーダーも結構います。 ローソク足は値動きを正確に表し、相場の強弱を推し量るのに非常に優れたて表記法です・・・

テクニカル分析とは 2

ところで、必ずしもテクニカル分析が正しいとは言い切れません。 それは、各国から発表される主要経済指標が予想外の数値であれば、 為替レートが乱高下し、短い時間で大幅に変動する可能性があります。   こうした混乱し・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ