マジか・・・。年収1000万でも言う程『裕福』ではないらしい。。


マジか・・・。年収1000万でも言う程『裕福』ではないらしい。。

年収、1000万円。憧れますよね。

いい響きです。

どんな人でも、この区切りのいい1000万円というのは、まずは、目指していくところです。

 

2018年度の給与が1000万円を超えるのは、4.5%ほどでした。

20人に一人と考えると、それほど珍しくはありません。

そこらへんにゴロゴロいるという感じです。

 

ただし、実際は年収1000万円という高収入でも裕福な生活というわけではありません。

贅沢をすれば、あっという間に無くなります。

 

年収1000万円とは言えども、手取りは約750万円程です。

様々な税金で持っていかれるというわけなんです。

ちなみに年収800万円程度の家庭では、手取りは約620万円ほどです。

その差は130万円ほどです。

ですので、1000万円というと、キリはいいですが、

年収1000万円以下に抑えるというのが、税金面から言うと、お得ということになります。

 

もちろん、平均給与が450万円ほどということを考えれば、

これだけあれば普通の暮らしは出来ますので、十分ですが、収入が上がると支出も増えます。

 

ということを考えると、後々を考えてやはり稼ぐ仕組みづくり、

FXなどの少額投資をコツコツやっておくというのは賢明ということになります。

 

動画解説

 

 

昨日の相場の動き

下落トレンドとなりました。

 

 

雇用統計で大きく動き下落しているように見えていますが、

私が思ったほど動いてはいません。

火種がまだくすぶっているような感じは受けます。

ただ、値幅が大きくボラティリティーが大きくなってきたことは好感が持てます。

 

相場展開の予想

上昇は結構弱まってきて入るのですが、

雇用統計時の行って来い状態が出たことで、過度の期待は持たないほうがいいかもしれません。

下落のターゲットは109.45円付近です。

上昇はあまり見込めませんが、109.90円付近まではあるでしょう。

このレンジの間でまずはトレードしていくイメージです。

窓開けが大きく出れば戦略は変わってきます。

 

トレード結果

第一手法、第二手法です。

 

う~んという感じです。

不完全燃焼ですね。

 

2月7日の利益 +27,500円

2月の総利益 +151,500円

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 





Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ