勝ちトレーダーと負けトレーダーの割合


勝ちトレーダーと負けトレーダーの割合

トレードは、勝つか負けるかの2つしかありません。

ある意味残酷な世界なのですが、

勝っているトレーダーの比率はどのくらいなのでしょうか?

 

これは、FX業者が公表しているわけではないのですが、

私の肌感覚として、勝ち1割、負け9割、と言ったところです。

ウワサでもよく聞かれる比率です。

 

たった10%?と思うかもしれませんが、

実は短期間で勝つことは難しくはありません。

その場合、この割合は跳ね上がり、勝ちトレーダーは50%ほどいることもあるでしょう。

 

この10%という数字は、トータルで勝ち続けるという意味です。

1年、数年、10年ともなると、その数字は当然ながら低くなり、

これくらいの数字に落ち着くでしょう。

専業トレーダーと呼ばれる人は、おそらく数%という数字になってくると思われます。

 

私は兼業トレーダーですが、もし専業トレーダーともなると、

相当プレッシャーがかかり、いつものトレードはできなくなるかもしれません。

 

それは、スキルやテクニックがあっても、

トレードによる心理状況の変化でそれが活かせなくなるのです。

機械的にトレードをしていくことができれば自ずと結果が出てきますが、

やはりこれが非常に難しいのです。

 

それほど、マーケットでの心理、ポジションを持った時の心理、

含み益、含み損を持った時の心理というのは、通常の心理度合いと異なります。

 

例えば、1000円拾い損ねたのと、1000円落としたという、同じ1000円の価値を考えた場合に、

落とした方の気持ちの方が強く残らないでしょうか?

 

損失の痛みというのは、儲けが出た時の2倍にも匹敵すると言われています。

この損失から逃れるために、損切りを嫌い、

含み損が出ても損切りをしないという行為が出てしまいます。

 

トレードで勝てるようになるためには、

勝つことを重視するよりも、負けの金額を抑えることが、一番手っ取り早い方法です。

負けを抑えないと、勝った時の何倍ものお金を失いかねません。

トレーダーとして成功したいのならば、その困難さを乗り越えていく覚悟は持ちましょう。

 

動画解説

 

 

昨日の相場の動き

レンジから下落転換になりました。

 

 

月曜の狭いレンジから下落になりました。

アメリカの市場が休みということも重なり、全く動きがありませんでした。

その後下落に動きが広がり、現在に至ります。

それでも動きは面白くない展開です。

 

相場展開の予想

今日、直近の高値、月曜辺りまで戻さなければ下落を狙っていきます。

まだ戻す可能性はあるので、気をつけてはいきたいところです。

110.00円あたりの攻防が見どころとなるでしょう。

 

トレード結果

第一手法のみです。

 

月曜はノートレード、昨日は本業忙しく体調も悪かったので、積極的にはやりませんでした。

今月はトレード同様、よくありませんね。

 

1月20日~21日の利益 +10500円

1月の総利益 +287,000円

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 





Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ