FXの確定申告について その1


FXの確定申告について その1

FXにかかるコストで、一番大きなものが、実は税金です。

税金対策は、それほど多くの利益が出ていなくても重要です。

 

税金制度のアウトラインは、

・給与年収が 65 万円を超えて、FX の利益が 20 万円超え

・給与年収が 65 万円未満で、FX の利益が 38 万円超え

これらが対象となります。

株式のような「源泉徴収制度」はなく、自分で申告をしなければならない

「雑所得」の「申告分離課税」に当たります。

 

税率は一律 20.315%です。

以前は、利益が出るほど税率が高くなり、高い税金を納めないといけませんでしたが、

現在では FX は、かなり優遇されています。

為替変動によって得た利益+スワップポイントの利益-必要経費

これが FX の利益となります。

ポジション保有中でまだ決済していない含み益や含み損は、課税対象にはなりません。

自分で計算しなくても FX 業者が発行する年間損益報告書で確認できますし、

この提出が求められます。

 

もし、経費を申告しなかった場合、利益に対してそのまま課税されてしまいます。

大きなポイントの一つとなります。

経費計上出来るものとして、セミナーや教材などの代金、交通費、宿泊費、

FX トレードに関係する書籍、トレーダー同士の情報交換による飲食代、等です。

パソコン代、スマホ代、プロバイダー代なども計上できますが、

FX 専用でなければ、按分して算出する必要があります。

これは、大体の計算でいいでしょう。

1 日のうち、パソコン使用時間 4 時間のうち、2 時間ぐらいトレードするならば、

パソコン代 10 万円としたら、5 万円ほどは計上できるというわけです。

 

動画解説

 

 

昨日の相場の動き

上昇トレンドとなりました。

 

 

1日分だけ切り取るとそうでもないのですが、

上下幅50pipsということで、結構動いています。

そして、やはり109円の中盤で止まっています。

ここらへんはレジスタンスラインとなり、なかなか超えていきませんでした。

 

相場展開の予想

今日は雇用統計ですので、トレードには注意が必要です。

それまでは、おそらく、鈍い動きとなりそうです。

雇用統計時はどう動くか予想は出来ませんが、

少し行き過ぎた上昇が出ているとは思っているので、下落濃厚と個人的に見ています。

もちろん、決め打ちはしないで、トレンドについて行くのが基本です。

 

トレード結果

第一手法のみです。

 

昨日は病院等、1日中外出で、トレードする暇がありませんでした。

少し体の調子が悪いので、トレードに集中しないかもしれません。

 

1月9日の利益 +1,500円

1月の総利益 +125,000円

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 





Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

2 Responses to “FXの確定申告について その1”

  1. てくっぺ より:

    こんばんはです。^±^ノ

    経費の計上も、どれがセーフかアウトか、難しいところがありますね。
    教材は、「図書研究費」、交通費や宿泊費は、「旅費交通費」、パソコン代は、「雑費」でしょうか。
    経理を終えて、もう15年以上も経過してるので名前も忘れました。^±^;

    • 矢田 より:

      てくっぺさん、こんばんは
      私も勘定項目はわかりません。
      任せっきりです(汗)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ