MT4の基本的な使い方 その1


MT4の基本的な使い方 その1

トレードツールには様々なものがあります。

FX業者、独自のチャートツールは、様々な機能があり、魅力的ですが、

ある程度経験があるトレーダーならば、世界中のトレーダーが使用しているチャートツール、

MT4は聞いたことがあることと思います。

今回からは、そのMT4の使い方を復習していきます。

 

 

画面の見方ですが、各部分と名称をまず抑えておきます。

「ファイル」「表示」などの一番上の部分は、「メニューバー」、

その下の2段のアイコンが表示されているものは、「ツールバー」、

チャートが表示されている部分は、「チャートウィンドウ」、

左の通貨ペアの表示部分は、「気配値」、

その下の口座情報が表示されている部分は、「ナビゲーター」、

一番下の取引履歴などが表示されている部分は、「ターミナルウィンドウ」、

と呼ばれます。

 

通貨ペアの表示は、左の上部部分、「気配値」から、

表示させたい通貨をドラッグアンドドロップするだけです。

現在表示されている通貨ペアに行うだけで置き換わります。

また、チャートウィンドウの中のチャートを消してからやれば、新たに表示されます。

 

チャートの拡大と縮小は、「ツールバー」の虫眼鏡アイコンをクリックします。

 

日本人トレーダーは、ローソク足が慣れていますので、

同じく、「ツールバー」のローソク足のアイコンをクリックしておきます。

 

トレードスタイルによって、時間足を変更する必要があったり、

複数時間足で動きを確認する時には、M1、H1、D1などの「ツールバー」で変更していきます。

M1=1分足、M5=5分足、M15=15分足、M30=30分足、H1=1時間足、H4=4時間足

D1=日足、W1=週足、MN=月足、となります。

 

動画解説

 

 

昨日の相場の動き

レンジ相場となりました。

 

 

110円を超えてそのまま勢いがあるかというところになりましたが、

予想通り、滞っています。

少し下落気味と言ってもいいでしょう。

このあたりの攻防が難しいところでした。

 

相場展開の予想

徐々に下落傾向が強くなってくる感じです。

あるところでストンと下落が出るイメージです。

再度上昇するには、逆に大きなローソク足が出ないとないのではと考えています。

 

トレード結果

第一手法、第二手法です。

 

 

相場状況はあまり良くなかったのですが、

積極的にトレードしました。

 

1月14日の利益 +49,500円

1月の総利益 +196,000円

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 





Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ