MT4の基本的な使い方 その3(注文のやり方)


MT4の基本的な使い方 その3(注文のやり方)

今回はMT4の注文機能の使い方をマスターしていきましょう。

基本的な使い方は、「ツールバー」の「新規注文」から行います。

 

 

オーダーの発注画面が出てきます。成行注文はここから選択するだけです。

ここで注意したいのは、ロットです。

1.0は10万通貨になります。1万通貨は0.1、1千通貨は0.01になります。

 

指値注文は、真ん中にある「注文種別」成行注文を指値注文に切り替えていきます。

 

 

「buy limit」は買い指値、  「sell limit」は売り指値、「buy stop」は買い逆指値、「sell stop」は売り指値注文になります。

価格に指値を入力し、「決済指値」と「決済逆指値」に希望決済レートを入れていきます。

決済が上部でエントリーが下部で、本当は逆の方がやりやすいのですが、これは仕方がありません。

 

ポジションを持つと、下のような画面になります。

成り行き決済なら、右端の×ボタンで決済が一番手っ取り早いです。

 

 

ポジションが表示されるところで右クリックをすると、下の決済画面になります。

成り行きで入れば、ここで決済注文を途中で入れることが出来ます。

また、決済のオーダー変更もここで出来ます。

 

 

動画解説

 

 

 

昨日の相場の動き

上昇トレンドとなりました。

 

 

さすがに動いてきましたが、それでも上下幅、30pipsほどでした。

指標発表も今ひとつの動きで、期待はずれの感もあります。

 

相場展開の予想

鈍い動きでしたが、徐々に切り上げていく感じもあります。

押し目買いでまずはこまめに対応していきましょう。

その後上昇が崩れた時には様子見でトレードは控え、

再度の上昇か、急落の動きが出てからトレードを開始するイメージです。

 

トレード結果

第一手法のみです。

 

体調やや悪く控えめなトレードになりました。

今年は暖冬なんですが、今ひとつです。

 

1月16日の利益 +18,000円

1月の総利益 +254,000円

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 





Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ