政府介入 2



下のチャートは米ドル円の2011年の4時間足チャートです。

 

kainyuu

 

一気に4円近くも上昇しています。

スゴイですよね。

この時は、日本の円売り単独介入でした。

 

ここで重要なのは、介入の情報をどうやってキャッチするかです。

この時は75円台に突入していつ介入がおきるか、と言われていたので

それほど難しい場面ではありませんでした。

 

今までの世界的な介入を振り返ると、

財務官等の発言が重要となります。

 

財務官等が「ファンダメンタルズが反映していない」

というような内容を発言した時は、介入検討に入っていると思って下さい。

「断固たる処置を行います」

といった時は近い時に行う可能性があります。

 

介入を行う時間は特に決まりはありません。

水準価格を下回れば、時間に問わず介入をしてきます。

また、介入の開始・停止を発表する財務官もいれば、

何も言わず介入を行い、勝手に介入をやめるケースもあります。

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村


FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

 

 

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 





Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ