FXとは 基本その4(ロットとレバレッジ)


FXとは 基本その4(ロットとレバレッジ)

ロット、何となく聞くとわかりそうな感じがありますが、要は取引単位のことです。

株を何株買うかと一緒で、どれくらいの通貨量を取引するかということです。

 

特に難しいことはありませんが、注意する必要事項が一つだけあります。

1ロットという単位は、FX業者によって異なることがあります。

大抵は1万通貨だったりするのですが、10万通貨や1000通貨のこともあります。

 

このロットとpipsを組み合わせることで、金額の変動がわかります。

米ドル円なら、1万通貨でトレードして、1pips動けば100円の動きになります。

1000通貨なら1pips=10円です。

当たり前ですが、同じ1pipsでもロットによって金額は変わってきます。

このロットを調節することで、自分の資金量に合わせてリスクをコントロール出来ます。

 

レバレッジは、投資でFXをやる上で、欠かせないルールです。

簡単に言えば、投資資金以上に資金を掛けられるということです。

ただ、借金をしているのではなくて、後日述べる証拠金として担保をした上で取引していきます。

国内業者は自己資金の25倍まで、海外業者はなんと1000倍近くまで取引できます。

例えば、1ドル100円時に資金10万円で取引しようとする時に、

通常は10万円÷100円=1000通貨までしか取引できません。

しかし、レバレッジが25倍あるとすると、

10万円×25倍の250万円資金があることになり、

250万円÷100円で25000通貨まで取引が出来ます。

ですので大きな利益が望めるということです。

 

レバレッジは、テコの原理とも呼ばれ、まさに小さな力で大きなものを動かすという理論です。

 

動画解説

 

 

昨日の相場の動き

上昇転換となりました。

 

 

米軍がイランの司令官を殺害した事件で金融市場にショックが走り、

窓開けは下落で始まりましたが、終わってみれば上昇です。

この報道は3日にありましたので、織り込み済みというところでしょう。

私からしてみれば、想定範囲内の動きでした。

 

相場展開の予想

108円の中盤のせめぎ合いの様子を少し見てからトレードしてみたいところです。

ここではかなりもみ合いをイメージしています。

再度下落に転じるという見方をしていますが、上昇へ抜ける可能師もありますので、

動きが確定したところでトレードというところがよいでしょう。

 

トレード結果

第一手法のみです。

 

慎重なトレードでした。

仕事始めで、本業が忙しかったというのもあります。

 

1月6日の利益 +13,500円

1月の総利益 +65,500円

 

あなたからの協力的なクリックが、矢田のトレードとブログ更新に大きな影響を与えますので、

ぜひ、下記のリンクをクリックして応援をお願いいたします。

 





Z5HkgCm6s5JLo8o1470223862_1470224046

 

 
 

2 Responses to “FXとは 基本その4(ロットとレバレッジ)”

  1. てくっぺ より:

    こんばんはです。^±^ノ

    あけましておめでとうございます。^±^ノ
    昨年はお世話になりました。本年もよろしくお願いします。
    新年早々、風邪をひいてしまって、挨拶が遅れてしまいました。申し訳ありません。

    あ、あと、カルロスゴーンはどうなるかなあ。
    株や相場の影響は?^±^;

    • 矢田 より:

      てくっぺさん、こんにちは
      ゴーンさん、会見、注目ですね。
      イラン対米も気になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ